京都旅行計画(2019年2月8日~2月10日)

2019年2月8日~2月10日の2泊3日、京都旅行の計画です。
今回も世界遺産を絡めて、前回行けなかったスポットを巡りたいです。

2月8日(金)
仕事が終わり次第、香川から京都へ移動し、晩御飯は京都で。
宿泊は例によってサクラテラス・ザ・アトリエさん。

京都駅到着は20:00頃なので、ホテルまでにあるお店でおでんとおばんざいの晩御飯にしようかな。

2月9日(土)

祇園白川を中心に、妙心寺、錦市場、抹茶館京都本店に行く予定です。
前回食べられなかった枡入り抹茶ティラミスを抹茶館で食べましょう。

2月10日(日)

世界遺産「天龍寺」、嵐山などに行く予定です。
我が香川県が誇る「栗林公園」は、初代高松藩主松平頼重さんが住まわれた栗林荘が基になっているわけですが、頼重さんが勉学を励んだ場所が天龍寺なわけです。
頼重さんは、徳川家康さんの孫で、水戸黄門でお馴染みの水戸光圀のお兄さん。
父頼房さんは母久昌院さんに堕胎を命じますが、頼重さんが秘密裏に育てられたのが京都なのです。
さらに、頼重さんは千利休のひ孫、一翁宋守(いちおうそうしゅ)さんを招き、高松で茶道を指南させました。

一翁宋守さんは、高松松平家での官職を辞めたというネーミングで、京都に「官休庵」という茶室を建て、武者小路千家を開きました。
官休庵は現在でも続いており、今回は行けませんが、今後立ち寄りたいと思います。

■武者小路千家官休庵公式サイト

京都と栗林公園は密接に繋がっているのだなと実感しました。

おすすめ記事

  1. 栗林公園の松
  2. 雲のリフレクション
  3. 葉っぱとイルミネーションの玉ボケ
  4. 五色台休暇村からの夕焼け
  5. ガラスのリフレクション
  6. 赤灯台から見た高松シンボルタワー
  7. 屋島外観

当ブログ使用機材関連

  1. コスモス接写最大
  2. EOS M2とEF70-200
  3. 夜の花
  4. 南新町交差点前
  5. シンボルタワーを見上げる
  6. 夜の山茶花
  7. JR坂出駅の夕焼け
  8. 夜の花
  9. 古馬場

最近の記事

  1. 栗林公園のメジロ6
  2. MICHEL CLUIZEL(ミシェル クルイゼル)コフレ・ショコラ・パリ実食
  3. 下鴨神社楼門
  4. 錦市場に並ぶ商品6
  5. 退蔵院元信の庭
  6. 妙心寺雲龍図
  7. 龍泉庵霊峰四季の間正面
  8. 渡月橋
  9. 天龍寺大方丈から見た曹源池
  10. ショコラマダガスカル ローストホールカカオビーンズ
PAGE TOP